近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、赤ちゃんの先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が明らかになりました。
そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品指定のものがあります。
こうした食品は赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もあるようです。
妊活の時に、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。
上の子が男の子でしたし、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。
排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けに挑戦してみました。
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が確認されるまでは期待と不安でドキドキしていました。
結果は赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。
産み分けのおかげだと思っています。
葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊婦への積極的な摂取が求められています。
葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。
しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方も少なく無いそうです。
もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。
葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。
ですから、サプリによる摂取が無くても普段通りの食事をきちんと摂っていれば、ある程度は摂取できるのです。
以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。
1年くらい経って「子供が欲しい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊活を始めました。
サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、冷え性を改善するために運動を始めてみました。
運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温が高くなったので、冷え性を治すことが出来ました。
自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活を頑張ろうと思いました。
葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。
その効果は厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。
葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿や汗と一緒に体外に出ていくので、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。
ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。
葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示された規定量を必ず守るようにしてください。