親友が妊活していた頃の話だったと思いますが、よく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。
その子によると、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。
妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば飲むことに抵抗がありませんね。
漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は命を授かることが出来ました。
彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、本当に嬉しいです。
妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。
ママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。
ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。
厚生労働省の発表によりますと一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。
これを野菜だけで摂取するのはあまり現実的ではありません。
ですからサプリを活用してみるのが良いと思います。
いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。
疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。
健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、ぜんぜん妊娠できなくて、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、やりきれない気分でした。
ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の服用を始めると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。
薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。
流産してから1年後くらい経つと、やっぱり子供が欲しいと思い、妊娠を考えて行動するようになりました。
サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動を始めてみました。
運動によって新陳代謝が良くなったのか、基礎体温があがって、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。
不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。
生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。
周囲の励ましや期待などが負担となったり、過度な緊張感が不妊治療に通ううちに重積してくるケースもしばしば見られ、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。
神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、大切です。