葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。
葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も多いと思います。
しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。
ですから調理の際の加熱によってどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。
一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が不十分かもしれませんので、気を付けてください。
いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。
赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。
基礎体温はつけていたんですけど、出来ない時は出来ないのだと感じました。
親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、このままだったらどうしようと落ち込みました。
検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。
排卵誘発剤の服用を始めると、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。
悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。
近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊婦への積極的な摂取が求められています。
産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。
厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。
ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なくはないと思います。
万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。
ですから、食事によっても、ある程度の葉酸は補給できています。
皆さんご存知のように、葉酸だけを摂っても不十分です。
葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。
ですから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が複数入ったサプリがお勧めです。
具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。
このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、いま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合もサプリの利用を考えてみてくださいね。
今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。
例えば、妊娠前から葉酸を摂取するように、と読んでいる雑誌で特集が組まれていました。
葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から最も重要な栄養素のひとつだそうで、一般的に妊娠に気付く以前から必要なもののようです。
野菜に多く含まれている成分なのですが、調理の際に溶け出してしまったり、体の中での吸収率が良くなかったりと、十分な葉酸を摂るのは結構骨が折れそうだな、と思いました。
手軽に摂るなら、サプリを服用するのが良い、とも書いてありました。
葉酸サプリは色々な会社が出しているのですが、赤ちゃんと身体のことを考えて、安全性が高く、安心して飲めるものを探して妊活を続けていきたいと思っています。