葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。
それは不妊治療にも効果を表し、子宮に受精卵が着床しやすくなり、それだけで妊娠確率が上がるというわけです。
また、葉酸で血液が増えれば血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能そのものが底上げされ、不妊治療に役立つのです。
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。
一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが最も重要な期間であることは、疑いようがありません。
それでは、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。
実際にはそうではないのです。
赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを下げてくれるという意味では、妊娠3ヶ月までの期間が大変重要な期間という事ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。
みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?ママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。
さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。
野菜だけで十分に摂取できるかというと、あまり現実的ではありません。
ですからサプリを活用してみるのが良いと思います。
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的な研究によって、明らかになっています。
こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が推奨しているんです。
今では葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。
また、こうした食品の中にはトクホ(特定保健用食品)に指定され、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も多いです。
葉酸は、胎児の正常な発達に働きかけるため、妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素なんですよね。
ですが、体調が悪い時には、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも辛い時もありますよね。
無理な食事は体調を悪化させてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸は葉酸サプリ等を利用すれば不足しがちな葉酸もちゃんと摂取できるという訳ですね。