葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊婦への摂取が勧められているんですよね。
産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。
厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。
ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なく無いそうです。
万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。
ですから普段食べる機会の多いホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。
ですから、普通の食生活を送っていれば、多少は葉酸を摂れていたと思います。
葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。
ですので、食材を調理して摂取しようと考える場合には注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。
出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によってどうしても加熱の必要がある時にはぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。
こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリによる葉酸摂取が一番簡単だと言えますね。
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで赤ちゃんの先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が科学的見地からも認められています。
ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品に指定されているものもあります。
こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦が利用する場合も少なくありません。
妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素です。
日常の食生活で十分な葉酸を摂れるのならば問題ありませんが、つわり等で体調が優れない時には、食事での摂取が難しい、なんてこともあると思います。
そんな時には、無理に食べ物から摂取せず、葉酸サプリ等を利用すれば適切な量の葉酸を摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。
妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。
水溶性ビタミンの一つである葉酸は、十分な摂取によって、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。
この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。
葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。
赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸を摂った方が良いと思います。