葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。
青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、果物に限った話では、イチゴ、ライチに多いことが発表されています。
それ以外では、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。
元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。
葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、オレンジジュースで補うのも問題ありません。
妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、いかに大切な栄養素であっても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。
特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く含まれています。
それゆえ、簡単に大量摂取してしまう危険性がある為、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。
葉酸が過剰に体に蓄積されることで、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。
他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。
葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。
野菜の中ではほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。
葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。
なぜなら十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。
具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠の初期の段階で1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。
そのような場合はサプリメントで葉酸を補給するのも大丈夫です。
赤ちゃんはおなかの中で細胞分裂を繰り返しながら成長するのですが、ここで葉酸が大切な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。
今は葉酸のサプリも入手しやすくなっていますが、葉酸単体の吸収率はそれほど高くないのです。
ですから、葉酸単体では無く、総合のサプリメントの摂取が効率的でしょう。
ですが、総合サプリに多くの成分が含有していたとしても、その中で一体どの成分に注目すればよいのか分からないと、お悩みの方も多いでしょう。
そうした場合、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、サプリを選んでみましょう。
第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。
妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。
健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、一向に妊娠の兆候が見られなくて、義妹や姉のところに子供ができると、やりきれない気分でした。
病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤の服用を始めると、そう時間をおかず妊娠することができました。
ストレスも原因だったのかなと思います。
早めに受診するべきでしたね。