葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。
一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが推奨されています。
ところで、妊娠後期の妊婦には葉酸が要らないのかと言うと、決してそうではないんですよね。
葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという話では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が重要な期間だという事です。
ですから、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。
「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離せない関係の二つです。
なぜなら、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。
この話は当然、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。
妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事をするのが良いでしょう。
第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。
結婚して3年目くらいまでは、タイミングを見計らって努力しても、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。
でも、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、やりきれない気分でした。
クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに二周期ほどで妊娠できました。
悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。
妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。
ですから、食べ物から摂取する場合、調理にはポイントがあります。
出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱しなければいけない場合、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。
もし面倒だな、と感じる方はサプリを活用すれば手間がかからず良いと思います。
ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。
ヨガを行う事で血の巡りが良くなり、深いリラックス効果を得ることが出来ます。
すると、自律神経が整い、ホルモンバランスが整っていくのです。
妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。
思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。
少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。
これは、心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えます。