葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。
葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が適切な摂取方法だと言えます。
せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。
なぜかと言うと食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きが活性化します。
逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。
妊娠してから専門家による栄養指導を学んだり、母親学級で指導された方も多いと思います。
このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。
レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。
はかには、野菜もそうですね。
食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱すると大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、食材を調理するようにしましょう。
葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味方です。
とりわけて赤ちゃんが先天的脳障害を発症するリスクを下げてくれる効果は重要な効果です。
こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、葉酸をしっかりと摂取することが大切だと思います。
例えば、葉酸のサプリならば摂取が手軽に出来ますので、一番簡単な方法だと言えます。
葉酸の摂取期間についてお話しします。
皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において推奨されています。
ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は不必要なのか?という疑問も抱きます。
しかし、そのような事はありません。
胎児が先天的な障害を発症する可能性を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が重要な期間だという事です。
ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。
一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜です。
妊娠が発覚してから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるという報告があります。
毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。
納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのを勧めたいものです。