葉酸が多く含まれている野菜についてですが、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、いわゆる青菜のものが多いです。
妊娠後、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。
葉酸はお腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという報告があります。
とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのを推奨します。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性側が実践するものがよく紹介されています。
しかし、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。
それが葉酸の摂取です。
流産や不妊の原因因子として、母親側だけの問題かというとそうではなく、男性側の問題だというケースもあります。
特に注意すべきは精子の染色体異常です。
受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。
葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。
ですから、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。
妊婦さんや、妊活中の女性に一度は試して頂きたいのが、ピジョンが出している葉酸サプリが一番おススメですね。
ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、幾つかの種類があります。
葉酸だけを配合したサプリもありますが、ほとんどの葉酸サプリに鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特徴があります。
どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめて詰め込まれていますから、一錠で多くの栄養素を摂取できるんですよね。
この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。
ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。
妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素でも、摂取する量には気を配ってください。
特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が配合されています。
ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。
葉酸が過剰に体に蓄積されることで、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。
胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。
葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。
葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーといった食品を、積極的に食べているという方もいらっしゃると思います。
実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理のために加熱することで葉酸が溶け出てしまっていることもあります。
葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不足している、という場合もあります。