胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。
食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。
しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。
妊娠前から授乳期を完了するまでサプリを活用するのが良いでしょう。
葉酸が最も不足しがちなのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、母体の健康維持を考える上でも必要不可欠な栄養素です。
なので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、赤ちゃんの授乳が終わるまでサプリを続けるという摂取方法がお勧めですね。
仲良くしている友人が彼女が妊活をしている時に漢方を服用していました。
彼女によると体質改善のために漢方を利用していると言っていました。
漢方なら、妊活中でも安心感があると思います。
彼女は漢方を続けていたようです。
その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。
妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、いくら必要不可欠な栄養素だと言っても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。
サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。
ですがサプリには食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が配合されています。
ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。
葉酸が過剰に体に蓄積されることで、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。
また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。
妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、どちらも不足しがちなものです。
普段の食生活では摂取量が足りていないという方が殆どですから、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。
サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも売られていますので、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が要らないのかと言うと、そうではないのです。
葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという話では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が重要な期間だという事です。
ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。