育毛剤にもバラエティに富んだ種類のものが販売されていますよね。
その中から、なんとか自分の薄毛の原因に合わせた育毛剤をちゃんと選ばなくては育毛の効果を得られないでしょう。
なので、まずは、なぜ薄毛になったのか原因から考える必要があります。
テレビ番組で特集されていたのですが、まだ中年にも差し掛かっていないのに薄毛(AGA)に悩んでいる男の人のドキュメンタリー形式の植毛レポートを見ました。
途中までは高いお金を投じてまで毛を増やしたいものなんだろうか?と否定的に感じる部分もあったのですが、ご本人のよかった!という気持ちが満面にでた表情を見ていると、今までそう感じたことはないけれど髪の毛は大切なんだな、と考えを改めたのでした。
育毛剤は、数百円のものから数万円のものまで幅があり、育毛に効き目があるとされる配合成分も色々あります。
口コミで良く売れている商品やよく買われていく商品を確認すると、主流となっている育毛剤の平均値は千円台から八千円台ほどの幅のようです。
世間では、1万円で手に入るくらいの値段の育毛剤をたくさんの方が買っているというわけですね。
夫がAGAなのです。
ハゲというと気を損ねるので、拙宅ではAGAと発言しています。
「今のご時世AGAは治療法も治療薬でさえあるんだ」と言ってクリニックに通院しているのです。
でも、実のところ私、薄毛の男の人ってどちらかというと好きなんです。
労力をかけて治療しなくてもいいのになと思います。
AGA(男性型脱毛症)を治療するにはいろんな方法があります。
まず、飲んで効果を出すプロペシアという薬はAGAの治療にとても高い効果をあげます。
それに、効果が認められている外用薬としては、フロジン、ミノキシジルがよく治療に処方されています。
それから、他にも、発毛に有効だとされるメソセラピーという成分を注射器などで直接、頭皮に注入するという外科的な手法もあります。
その他にも、HARG療法、自毛植毛といった方法を実際の症状や予算に合わせて選択ができます。