肌のトラブルの中でも男女年齢を問わずに悩むのが多いのは、ニキビが圧倒的だと思います。
ニキビとひとまとめにしても、何種類に分かれていて、原因となるものも様々です。
しっかりニキビの原因を知った上で正しく治療してもらうことがお肌に変えていく第一歩です。
顔のおでこにニキビが出来てしまうと、なんとしても前髪で隠そうと思ってしまいます。
しかし、そのようなことをするのはニキビを余計に悪化させてしまう原因ともなるので、なるべくなら前髪で隠すといったことはやらずに毛髪がニキビに直接触れないようにできるだけ刺激を与えないことが大切なことです。
肌トラブルが酷くなり、自分でのケアのやり方が分からない際には、皮膚科の病院に行って相談すると良いです。
荒れた肌用の保湿剤やビタミン剤などを場合によって処方してくれます。
後、早寝早起きによって質の高い睡眠をとるように留意し、ビタミンやミネラルを多く含む食べ物を積極的に摂ることが必要です。
10代の時期、チョコレートやスナック菓子の食べ方が多いと翌日にはニキビが発生していました。
食生活がこれほど影響するんだ、と経験したものです。
以後、年齢を経て食生活にも注意するようになり、チョコレートやスナック菓子などは食べるのをやめています。
その効果かニキビもすっかり発生しなくなりました。
ご存じないかもしれませんが、妊娠した最初の頃にはホルモンバランスの乱れといったことからニキビが出来やすい肌になります。
さらに妊娠による精神的なストレスもニキビが出来てしまう原因になります。
ですがだからといって、抗生剤等を使うことは出来ません。
ホルモンバランスがちゃんと整えられるように、この時期にはまずリラックスをして、休養するようにしましょう。