第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。
結婚して3年目くらいまでは、基礎体温でタイミングを見計らっても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、自分はどうなのだろうと不安になりました。
病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤が有効というので試してから、そう時間をおかず妊娠することができました。
原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。
妊娠をきっかけに栄養指導を受けたり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。
多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。
葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。
もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。
実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。
葉酸は調理の際の加熱で大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、十分な葉酸摂取を心がけてください。
二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。
ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。
月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、それでも妊娠に至らず、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。
それが功を奏したのか、ほどなくして赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。
妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つはとても関わり合いの深いものですよね。
それというのも、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。
この話はもちろん、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。
妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中から葉酸を摂るようにするのが良いでしょう。
不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。
行政からの助成金があるものの、40歳程度を基準にして給付する回数を減らすケースが多いです。
治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。
私はもうじき40歳ですし、色々なものに追い詰められているようで、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。