私の母は2、3年前から顔にできてしまったシミに悩みを抱えていました。
そのシミのサイズは十円玉と同じくらいのサイズが一つ、少しだけ小さめのものがいくつか両頬に点々とありました。
約1年前、母の美肌友達から「シミには発芽玄米が効果がある」と聞き、さっそく毎日の食事の時にできるだけ摂取してきました。
その結果、シミは薄れてきています。
肌荒れが酷くなってしまい、スキンケアの方法が分からない場合は、近くの皮膚科の医者に掛かって相談すると安心です。
肌荒れに効く保湿剤やビタミン剤などを出してくれる場合もあります。
後、早寝早起きによって質の高い睡眠をたっぷりとるようにして、ビタミンやミネラルの多い食材を出来るだけ、摂取するようにしましょう。
ニキビを搾ると、膿がそこから出てきます。
さらに潰してしまうと芯が出てきます。
これがニキビの元なのですが、潰して芯を無理に取り除くのは決してオススメはできません。
無理に潰すわけですから、より炎症が広がります。
ニキビ跡としても残ってしまうので医薬品などをつけてじっくりと治しましょう。
そういえば、ニキビは潰しても大丈夫なのでしょうか。
実は、ニキビには潰して良いものと潰してはダメなニキビとがあります。
潰してしまっても良い状態のニキビとは、肌の炎症が落ち着いてきて、中の膿が白く盛り上がった状態のニキビです。
このようになった状態のニキビは、外へと膿が出ようとして芯が出来ている状態になりますから、専用の器具を使うのであれば、潰してしまっても良いでしょう。
センシティブスキンなので、ファンデーション選択には気を使います。
刺激が激しいものだと細かい発疹が出来てしまい、程なく痒くなるのです。
その為、必ずカウンターでサンプルをもらってチェックしてから買うようにしています。
この前買ったクリームファンデーションは肌に適しているようですが、これからもしっかりと検分して買い入れたいと思います。