皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。
葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリを利用するのが、最もポピュラーですね。
では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。
正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。
葉酸が最も不足しがちなのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、母体にとっても必要不可欠な栄養素です。
なので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。
近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分は、共に不足しやすいという共通点があります。
一般的な食事では、適切な量の摂取が難しいとされています。
ですからサプリで補給するのが簡単でしょう。
サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも販売されています。
葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。
皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は大変密接に関わりあっています。
なぜなら、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。
もちろん、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。
実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。
ですから、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中から葉酸を摂るように注意してください。
皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。
厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は最も大切な成分ですが、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。
葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。
ですから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天性の障害を発症する要因になると言われているそうです。
ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。
一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。
夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、言えば不機嫌になりそうだったので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。
月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、それでも妊娠に至らず、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。
私の場合はそれが良かったのでしょう。
それからしばらくしたら、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。