敏感肌に対するスキンケアを行う場合には、お肌が乾燥しないように、しっかりと水分を保つ事が重要です。
保湿するためにはいろいろな方法があります。
保湿に特化した化粧水やクリーム等が豊富に揃っていますし、メイク用品にも高い保湿効果を持つものがあります。
保湿能力の大きいセラミドが入っているスキンケア商品を使うのもいいはずです。
以前、美白重視のスキンケア産品を活用していましたが、肌にマッチしなくなり、保湿とアンチエイジングを重んじる製品へ交換しました。
化粧水が何種類あるのに当初は戸惑いましたが、真冬でないのであれば洗顔後のスキンケア方法はこれのみでOKです。
冬場には晩のケア時に美容クリームを塗るだけという単純なものになりました。
誕生日を迎えてしまいました。
これで私も40代になりました。
これまではUVケアと安い化粧水くらいしか使っていませんでしたが、どう考えても、こんな簡単なスキンケアでは足りない年齢ですよね。
エイジングケアには様々な対策があるようなので、調べてみたいと考えている今日この頃です。
ご存じないかもしれないですが、顔の他で、ニキビができやすいのはなんと背中だったのです。
背中は目が届かない場所なので、ニキビがあっても、気づけない場合があります。
しかし、背中のニキビでもケアをしっかりしなければ跡になる可能性があるので、注意しましょう。
実はニキビは10代までの若い子だけの言葉で、20歳を過ぎた人は吹き出物と言うのが普通なんてよく聞きます。
この前、久々に鼻の頭に大きなニキビを見つけたので、主人に、「あ、ニキビだ」というと、笑いながら、「その歳じゃもうニキビなんて言わないよ」と、言われました。