実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。
葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。
そのため、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。
こうした事を踏まえ、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性が行うものだと考える方も居ますよね。
ですが、男性にも出来る妊活があるんです。
それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。
ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体に限らず、男性にあるというケースもあるわけです。
原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。
質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。
吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。
神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。
そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、注意するようにしましょう。
もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、簡単に摂取したいのであれば、サプリメントがおススメです。
サプリメントは、葉酸の摂取量が管理しやすい為、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には大変便利だと思います。
妊娠する前の段階で葉酸を摂取するように、と雑誌に書いてありました。
その記事によると、葉酸は、胎児が元気に成長するための重要な働きをする栄養素だという事が分かりました。
ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時はサプリを利用すれば良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。
調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。
安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。
まだ妊娠できないと悩んでいるときは、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。
簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば体の状態というのがよく分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。
基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。
経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るというお約束がありますから、それを守ってつけていくことが肝心です。
いまはアプリもあるので気軽にできますね。