妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。
妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高くなるそうなのです。
受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂取する分の葉酸以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。
葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。
サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。
ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方もいらっしゃいますよね。
もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。
サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。
ですから普段食べる機会の多いホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。
ですから、普通の食事を摂っていたならば、多少は摂取できているという事ですね。
冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。
体が冷えて血のめぐりが悪化すると、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することが知られています。
最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。
血行不順を緩和して自律神経の働きを促し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。
冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。
亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。
妊活中にも、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。
亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。
なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。
このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。
男性が摂取した場合、健康的な精子の増加を助けてくれるのです。
妊娠はどちらか一人ではできません。
元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を実践してみましょう。
妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。
ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。
その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。
ヨガによって血行が良くなると、自律神経が整い、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。
インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、自宅でも行えますし、少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。
こうした運動は崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、ぜひ実践してみてください。