妊活中の女性に対して、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。
受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。
不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。
居住地の公的な助成金制度も活用できますが、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく場合がほとんどです。
第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。
だからこそ、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。
実は私自身もすでにアラフォーですので、体力と時間とお金のことばかり考えて、疲れきっています。
葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。
葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。
他にも納豆や枝豆、ホタテもそうです。
葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのが大変だという方は、無理をせずサプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。
サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。
サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を摂取できます。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。
しかし、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。
それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。
不妊などの原因は母親側だけの問題かというとそうではなく、男性側の問題だというケースもあります。
原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。
葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。
なんとなく不妊を疑いはじめたら、基礎体温計測から始めてみましょう。
簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。
普通の体温と違って基礎体温は、毎日、起床時に体温を測るというお約束がありますから、その通りにしていくのが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。