妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。
葉酸は赤ちゃんが元気に育つために必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。
では、もし葉酸が不足してしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。
葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天性の障害を発症する要因になると報告されています。
また、ダウン症予防の有効性も認められているので、摂取をお勧めします。
私が知る限り、妊活の際に一番、気を付けてほしい事は、食事ですね。
妊活とは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。
妊活中の女性はいつ妊娠しても不思議ではないですよね。
ですから、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。
中でも葉酸は、妊娠初期には十分に摂取してもらいたい栄養素のひとつです。
当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。
早い段階で十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。
サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。
妊活中の女性において、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。
妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を防ぎ、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。
他には、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。
ですので、妊活中の夫婦それぞれに大切なサプリであると言えますね。
胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、サプリを利用するのが、最もポピュラーですね。
しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。
多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。
妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、母体にとっても必要不可欠な栄養素です。
なので、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。
基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須です。
では、妊娠後期の妊婦には葉酸が必要ないのでしょうか。
確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。
ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそのような事はありません。
胎児が先天的な障害を発症する可能性を下げてくれるという意味では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が重要な期間だという事です。
ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。