妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。
中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。
ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスが整っていくのです。
妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。
自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽く息が上がる程度の運動は新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。
こうした運動はこころとからだのバランスを整えると言われていますので、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。
大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。
不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。
健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、ぜんぜん妊娠できなくて、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、自分はどうなのだろうと不安になりました。
産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、二周期ほどで妊娠できました。
薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。
それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離せない関係の二つです。
それはつまり、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。
言うまでもありませんが、妊活中であったとしても例外ではありません。
妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を意識しましょう。
二児の母です。
妊活をしていた時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。
長男が生まれていましたから、女の子が欲しいと主人と話していたからです。
本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けを実践していました。
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明するまで期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。
結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。
妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。
葉酸は胎児の健やかな成長を促すために大変重要な栄養素の一つです。
それでは、もし葉酸が不足してしまった場合、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。
葉酸には、細胞分裂を促す働きがある事が分かっていますから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになると知られています。
また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、是非、葉酸の摂取を心がけてください。