妊活を行う場合、気を付けてほしい事は、食事ですね。
妊活をしている方ならば、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。
ですから、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。
特に摂取を意識して欲しい栄養素は葉酸で、妊娠初期の胎児の成長には必要不可欠のものです。
多くの方が、妊娠検査キットで妊娠を知ると思います。
ですが、それより前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。
妊娠は授かり物です。
実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を始めている方は、なるべく早めに十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。
2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。
本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、話を切り出しづらくて、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。
料金は1回2800円で安価でしたが、それでも妊娠に至らず、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私の場合はそれが良かったのでしょう。
早々に赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。
胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。
食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリで摂ることが望ましいです。
それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。
胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。
とはいえ、母体の健康維持を考える上でもとても大事な栄養成分ですから、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。
妊娠を希望する人は、妊活中に葉酸を摂取するように、と雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。
葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる重要な働きをする栄養素だという事が分かりました。
野菜に多く含まれている成分なのですが、調理の際に溶け出してしまったり、体の中での吸収率が良くなかったりと、十分な葉酸を摂るのは結構骨が折れそうだな、と思いました。
手軽に摂るなら、葉酸のサプリを飲んでも良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。
調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。
安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。
なんとなく不妊を疑いはじめたら、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。
たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。
基礎体温表は5分もあればつけられますが、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった注意点もあるので、きちんと守っていくことが大事です。
一日忘れても根気よく続けていきましょう。