妊婦にとって葉酸は重要な働きをする栄養素なのですが、もし葉酸が不足したら、どのようなリスクがあるのでしょうか。
実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。
そのため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天異常を発症する可能性があると知られています。
それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、より積極的な摂取が求められます。
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。
一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須です。
では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が必要ないのでしょうか。
確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。
ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそんなことはありません。
胎児が先天的な障害を発症する可能性を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、先に述べた妊娠初期という摂取時期が重要な期間だという事です。
ですから、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。
不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、精神的な疲労も相当なものです。
自治体の助成金制度を利用しても、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす例が多いのが実情です。
40歳以上でママになっている人もいるのだし、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。
今年で40歳になる私ですが、色々なものに追い詰められているようで、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。
妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。
葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。
このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのは困難な方も多いと思います。
普段の生活や体調によっては無理をせずに、是非、サプリメントを利用してみてください。
サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに済ませられますね。
一般的に、妊娠中は当然のこととして、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、日々の生活に追われていると、継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも出てくることもありますよね。
葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、サプリによる葉酸の補給です。
葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。
ですから、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も心配する事なく、普段通りの生活を送れます。