妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり普段の食生活で摂れたら良いですよね。
具体的に、葉酸を多く含む食品は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。
あるいは納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。
とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが大変だという方は、無理をせずサプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。
サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに済ますことが出来ます。
第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。
疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。
タイミングを見計らって努力しても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。
クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤の処方を受けると、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。
薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。
今、私は妊活中なのですが、この時から葉酸を摂るように、厚生労働省が勧告していると雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。
葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる必要不可欠な栄養素だと書いてありました。
野菜を十分に摂れない時は、サプリを服用するのがお勧めだそうです。
安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。
妊活中には、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。
妊活中におススメなお茶では、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。
これらのお茶はカフェインが入っていません。
妊活中の女性にも赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。
ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話もありますから、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。
葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって大変重要な栄養素の一つです。
それでは、もし葉酸が不足したら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。
葉酸には、細胞分裂を促す働きがある事が分かっていますから、胎児に葉酸が不足した場合、先天的な障害を発症しやすくなるというデータがあるのです。
こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。