妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。
胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、サプリメント等で葉酸を摂取し、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。
さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり葉酸0.4mgです。
さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。
これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとするとあまり現実的ではありません。
ですから葉酸サプリを利用することをお勧めします。
適切な葉酸の摂取の結果、胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が判明しました。
ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。
実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。
また、こうした食品の中にはトクホ(特定保健用食品)に指定され、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も多いそうなんです。
妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。
なぜなら、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。
この話はもちろん、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。
実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。
ですから、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中から葉酸を摂るように意識しましょう。
妊婦にとって、葉酸摂取による効果はさまざまなものがあります。
中でも特に胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は最も重要なポイントだと言えます。
妊娠する可能性がある方は、葉酸をしっかりと摂取することが良いでしょうですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。
葉酸のサプリであれば計算や摂取も簡単だと思いますから、一番簡単な方法だと言えます。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。
しかし、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。
それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。
不妊などの原因は母体に限らず、男性側の問題だというケースもあります。
中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。
質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。