妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。
ところで、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。
お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を減少させるという有効性に限った話では、妊娠初期が最も注意する期間ですから、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。
胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして葉酸が注目されている事をご存知ですか?葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、妊娠中の十分な摂取によって、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。
厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。
赤ちゃんの健やかな成長を促すために、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も葉酸の摂取を心がけてみてください。
妊婦にとって葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。
しかし、仮に葉酸が欠乏してしまうと、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。
葉酸には、細胞分裂を促す働きがある事が分かっていますから、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天性の障害を発症する要因になると知られています。
こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、摂取をお勧めします。
以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。
だいたい一年位たってから、もう一度、チャレンジしてみようと妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。
今回の妊活では体づくりにも注意しました。
冷え性を改善するためにまず運動で、体を変えてみようと思いました。
大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、基礎体温が高くなったので、悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。
妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。
食事内容はもちろん、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。
一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。
あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、妊活中の女性にも胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。
ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話もありますから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。