以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。
だいたい一年位たってから、また、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、妊活について調べるようになりました。
身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動で体の調子を整えることにしました。
大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、基礎体温があがって、悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。
妊婦さんや、妊活中の女性に一度は試して頂きたいのが、育児や赤ちゃん製品で有名なピジョンのサプリでしょう。
ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、複数の種類のものがありますよね。
それに大抵の商品が葉酸だけではなく鉄分やカルシウム、ビタミンといった、妊婦にとって不足しがちなすべての栄養素がまとめられています。
複数のサプリを飲む必要が無いので、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。
管理も楽なので、おススメです。
ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特徴がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみてくださいね。
葉酸の摂取期間についてお話しします。
皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、決してそうではないんですよね。
葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が注意が必要な期間ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。
妊婦にとって、葉酸摂取による効果はさまざまなものがあります。
とりわけて適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は忘れてはいけません。
ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、葉酸をしっかりと摂取することが大切です。
とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。
サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が難しくないですから一番簡単な方法だと言えます。
さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。
葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。
なぜなら流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを避けるなどの、有益な効果が認められているためです。
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。
手軽に摂るならば葉酸のサプリを利用するのが良い選択だと思います。