以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。
私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、また妊娠について前向きに考えられるようになり、そこから妊活を始めました。
サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、運動で体の調子を整えることにしました。
運動によって新陳代謝が良くなったのか、低体温が改善し、基礎体温が上がったので悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。
妊活なんて聞くと、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。
しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。
それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。
不妊などの原因は母体に限らず、男性にあるというケースもあるわけです。
原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。
葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。
ですから、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。
なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食事を見直すことも有効だと考えられます。
栄養をもとに卵子も精子も作られているので、食生活が劣悪だと受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、望めません。
育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。
偏らない、健全な食生活を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。
妊婦さんや、妊活中の女性に一度は試して頂きたいのが、ピジョンが出している葉酸サプリが一番おススメですね。
こちらの会社が販売している葉酸サプリにはいくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。
殆どの製品が葉酸だけでなく鉄分やカルシウム、ビタミンといった、妊婦にとって不足しがちなすべての栄養素が入ってますから、一錠飲めば、不足しがちな成分をまとめて補給できるという訳なんですね。
こうしたサプリを利用すれば、カルシウムのサプリやビタミンのサプリ等、複数のサプリを複数服用しなくても良いので、手軽にすべての栄養素を賄えるので、おススメです。
また、面倒な摂取量の計算も必要なくなるため便利です。
ご自身の食生活や状況に合わせて、不足しがちな成分が含有したサプリを選んでください。
不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。
ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。
ときには友人や家族の励ましや、焦りといった感情が不妊治療に通ううちに重積してくることもあり、悪循環から抜け出せない人もいます。
穏やかな気持ちで治療を続けることは大事かもしれません。