今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は日ごろの食事に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。
なぜなら、十分な葉酸を摂る事で赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。
サプリメントによる補給もおススメですが、サプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが忘れないようにしてください。
妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり食事で摂る事です。
葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。
あるいは納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。
ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが困難な方も多いと思います。
普段の生活や体調によっては無理をせずに、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。
サプリメントであれば簡単に済ませられますね。
妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されている事をご存知ですか?ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。
厚生労働省の発表によりますと、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。
赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸の摂取を心がけてみてください。
妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。
葉酸は赤ちゃんが元気に育つために最も大切な成分ですが、もし葉酸が不足したら、どのようなリスクがあるのでしょうか。
実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。
そのため、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天異常を発症する可能性があると言われているそうです。
また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、摂取をお勧めします。
いわゆる不妊症の原因というと、排卵障害や着床障害といった女性由来の場合と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性由来のものとが考えられます。
もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。
ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男女双方が検査を受けることが必要です。