今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。
例えば、妊娠前から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。
その記事によると、葉酸は、胎児が元気に成長するための重要な成分らしいです。
妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。
ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時は葉酸のサプリを飲んでもお勧めだそうです。
葉酸サプリはたくさんの種類があるようなので、安心して服用できるものを見つけて、妊活を続けていきたいと思っています。
妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。
この妊活は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。
しかし、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。
それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。
不妊などの原因は女性にあるとは限らず、男性にあるというケースもあるわけです。
特に注意すべきは精子の染色体異常です。
受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。
葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。
ですので、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。
最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。
葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、適切な量をきちんと摂取することで、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。
1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。
胎児の健康を考えて、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。
妊活中には、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。
妊活に効果が高いお茶としては、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。
これらはノンカフェインなので、妊活中の女性にも胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。
中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという話もありますから、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。
葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。
病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。
しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方もいらっしゃいますよね。
もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。
葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。
ですから、普段通りの食事をきちんと摂っていれば、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。