ニキビができる理由のひとつに、乾燥があげられます。
肌の余分な油脂が理由じゃなかったの?と不思議に思う人も多いのではないでしょうか。
もちろん、余分な油脂によっておこる毛穴の詰まりも原因のひとつではありますが、そう思って逆に油脂を落としすぎてしまうと、今度は肌が乾燥してきて、それがもとでニキビができてしまうのです。
毛穴のお手入れに大切なのは肌の保湿を念入りに行うことです。
肌の潤いが保てないとと角栓が現われてきます。
毛穴のお手入れにはまず洗顔が重要です。
ホイップクリームのように泡立て、優しく洗います。
なおかつ、週に1、2度、ピーリングをすると皮脂のリペアを助けます。
その後に潤いを与え、お肌をととのえ、毛穴の修復をしてください。
ニキビができるのはアクネ菌のせいなので、メイク用のスポンジやフェイスタオルなどを2人以上で共有したり、直接肌が触れてそのまま洗わないで放っておくと、ニキビがうつってしまうことがあります。
また、自分で自分のニキビを触って、顔の他の場所に触れると、ニキビがその場所に増えてしまうことがあります。
アトピーの人は、どのような肌手入れのやり方が良いのでしょう?アトピーの原因は完璧に解き明かされているわけではありませんから、これこそが正解だというスキンケア法や治療法などは残念ながらまだありません。
ただ、アトピーの方は、わずかな刺激や体温上昇で痒みが出てきますから、基本的にはなるべく刺激を与えないことが一番です。
ニキビというのは潰してしまっても良いのでしょうか。
実は、ニキビは潰してしまっても良い状態のものとそうでない状態のものがあります。
潰してしまっても良い状態のニキビとは、炎症が落ち着いてきて、中に溜まった膿が白く盛り上がっているものです。
この状態になったニキビは、膿が出てこようと芯ができ初めている状態ですから、針や専用の器具等を使うなどすれば、潰しても問題ないでしょう。