テカリが気になる肌の場合、水分が足りているような肌に見えますが、実は潤ってはいない状態、という場合が多いです。
肌の表面にカサツキが見られないのは、テカリの目立つ肌は過剰な皮脂分泌があるので、外側のカサツキには至らない傾向にあるためです。
でも、この皮脂がが原因でお肌がトラブルを起こすことになりますから、顔を洗って、丁度よい状態まで洗い流すことが必要です。
お肌の手入れには保湿が一番大事なこととなります。
入浴中は水分がお肌からどんどん外へ抜け出ていきます。
そんな肌を乾燥から守っていくために、化粧水や乳液をつけた後に保湿クリームの使用をオススメいたします。
保湿クリームを夜に使用すると翌朝まで肌の潤いが続き、メイクの乗りもすごく良くなります。
私の母親は数年前からできてしまった顔のシミに頭を抱えていました。
それがどれだけの大きさかは十円玉ほどの大きさが一つ、少しだけ小さめのものがいくつか両頬に散乱していました。
約1年前、母の友達で美肌と言われる方から「シミには発芽玄米がいい」と聞き、さっそく毎日の食事の時にできる限り摂取してきました。
という理由で、だいぶシミは消えてきました。
ニキビとは皮脂が毛穴を詰まらせて、炎症が出ていることをさしています。
乾燥肌の場合皮脂が少ないから毛穴を詰まらせることはないようなイメージを持ちがちですが、現実は違います。
皮脂の分泌が異常に少ないと肌は乾燥することを防ぐために皮脂を大量に分泌します。
その結果として、毛穴に目詰まりが発生してしまってニキビができるというケースが少なくありません。
歳を取ると共に、肌への不満が増えてき出したので、基礎化粧品をエイジングケア専用のものに変えてみたり、美容液やクリームなどもプラスするようになりました。
ですが、美容部員さんから聞いた話では、大事なことはクレンジングなのだと言っていました。
今使っているものが終わったら、早速探そうと考えています。