なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥があげられます。
肌の余分な油脂のせいじゃないの?と不思議に思う人も少なくないでしょう。
当然、余分な油脂のせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつなのは事実ですが、だからといって過剰に油脂を落としすぎると、今度は肌が乾燥しすぎて、それがニキビができるもととなってしまします。
妊娠期間の初期の頃にはホルモンバランスの乱れが原因となってから非常にニキビが出来やすい肌状態になります。
また妊娠に付随した精神的ストレスもニキビができる原因となります。
さりとて、抗生剤等は使用できません。
ホルモンバランスがちゃんと整えられるように、この時期にはゆっくり落ち着いて、休養するようにしましょう。
洗顔回数は1日に何回が最もよいのかお知りでしょうか。
ズバリ答えは朝晩の2回です。
これ以上の洗顔回数は肌を老化させてしまう1番の理由です。
何回もすればその分きれいになるのではなく、1日2回までとするのが美しい肌へと繋がっていくのです。
前々から感じやすい肌でほぼ化粧をしたことがありませんでしたが、このごろは敏感肌用やアレルギーテスト済みの化粧品も増してきました。
敏感肌でも皮膚に弊害を与えることなく使える化粧下地も増大してきて、とても喜ばしいです。
これからはちょっとでもおしゃれを嗜めそうです。
ニキビがあらわれると潰してしまう方が確立的に多いようです。
でも、跡が残るから潰すな、というのがよく聞く説です。
早急に治すには、ニキビ専用の薬品が何より効果的だと思います。
潰したニキビ跡にも効果があります。
洗顔後に化粧水・乳液を塗って、ニキビのところにだけ薬を塗ります。