さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。
葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。
それは推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を減らす効果があります。
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠初期の場合は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。
食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリで摂取するのも良いと思います。
最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。
葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。
赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸の摂取を心がけてみてください。
お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的に参ってしまう人も少なくありません。
市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る場合がほとんどです。
第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。
だからこそ、助成回数を増やしたほうが良いように思います。
実は私自身もすでにアラフォーですので、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、落ち込むことが多くなりました。
妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。
吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。
妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。
ですが、それでかえって良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。
理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。
しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。
サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついてすぐに分かりますから、葉酸摂取にきちんと取り組もうとしている方には最適な方法だと言えますね。
妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。
中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。
ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスが改善していくという訳です。
妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。
わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。
適度に体を動かすことは、凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。
心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。