このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸が注目されている事をご存知ですか?水溶性ビタミンの一つである葉酸は、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。
具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。
葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。
赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、葉酸の摂取を心がけてみてください。
妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、ピジョン株式会社のサプリだと言えます。
ピジョンが発売している葉酸サプリにはいくつかの種類がありますし、殆どの製品が葉酸だけでなくカルシウム・鉄分・ビタミンなど、妊娠期間中に欠乏しやすい成分が詰め込まれていますから、一錠で多くの栄養素を摂取できるんですよね。
この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。
管理も楽なので、おススメです。
葉酸サプリは、それぞれ他に含有している成分によって特徴が分かれています。
サプリを選ぶときは、ご自身に必要な栄養素を補給できるようなものにして下さい。
胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。
食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。
いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。
胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、母体にとってもとても大事な栄養成分ですから、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。
具体的には、普段の食事に加えてよりたくさんの葉酸を摂るよう厚生労働省によって勧告されています。
葉酸の適切な摂取は、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。
サプリメントによる補給もおススメですが、胎児の安全性を考慮した上で、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが心掛けたいですね。
葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液を作る作用があります。
それは不妊治療にも効果を表し、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠しやすい状態を作り出すため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。
葉酸で血液が増産されると、酸素や栄養も運ばれやすくなり、ホルモンバランスが良くなり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。