このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。
ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。
葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。
赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸の摂取を心がけてみてください。
不妊の要因になるものといえば、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった婦人科面での要素と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側に原因があることとが挙げられるでしょう。
原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。
きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、男性、女性、両方が早めに検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。
妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、造血に必須の栄養素です。
この効果は不妊改善にも有効で、とくに着床困難を解消するため、それだけで妊娠確率が上がることが期待できます。
また、葉酸で血液が増えれば血行が良くなるだけでなく生殖機能が正常化して活発になり、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。
なぜなら、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。
この話はもちろん、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。
妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中から葉酸を摂るように心掛けてください。
一度流産を経験しました。
だいたい一年位たってから、やっぱり子供が欲しいと思い、妊活を始めました。
今回の妊活では体づくりにも注意しました。
冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私は運動で体の調子を整えることにしました。
結果は、意外とうまくいきました。
新陳代謝が上がったため、基礎体温を上げることができ、冷え性も良くなったので、本当によかったです。