このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。
葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。
具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。
赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、積極的に摂取した方が良いでしょう。
近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分は、どちらも不足しがちなものです。
一般的な生活で摂取できる分では摂取量が足りません。
ですのでサプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。
最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも販売されています。
こうしたものを利用することで、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。
不妊体質とストレス。
この二つは密接に関わっています。
体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。
周囲の励ましや期待などが負担となったり、時間的制約による焦りが不妊治療とあいまってストレスになることもあり、相当悩んでいる人もいるのです。
周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。
妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、普段の食生活以外に、十分な葉酸の摂取が厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。
なぜなら、十分な葉酸を摂る事で胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。
最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。
そうしたサプリを利用する方は、胎児の安全性を考慮した上で、化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが心掛けたいですね。
なんとなく不妊を疑いはじめたら、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。
基礎体温表をつけていくとその変化で、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。
普通の体温と違って基礎体温は、経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るというお約束がありますから、それに従って毎日続けるのが肝心です。
いまはアプリもあるので気軽にできますね。