おかあさんがとてもニキビ肌で、私も中学時代からニキビに悩み、二十歳を越えた現在でも、ニキビができやすいので、顔面のお手入れは意識してやっています。
また、三歳になる娘も早くも鼻の周りの毛穴に角質がつまり始めています。
あわれなことに間違いなくニキビができやすい肌になりそうです。
遺伝とは恐ろしいものだと思いました。
敏感なお肌へのケアを行う場合には、肌が乾かないよう、しっかりと水分を保つ事が必要です。
実際、保湿するためには様々なやり方があります。
保湿に特化した化粧水やクリーム等が豊富に揃っていますし、メイク用品にも高い保湿効果を持つものがあります。
保湿の効き目が大きいセラミドが入っているスキンケア商品を使うのもいいのではないでしょうか。
アトピーにかかっている場合は乾燥によるかゆみもありがちですから、乾燥肌用の入浴剤を利用したり、保水成分が十分に配合されているスキンケアを使用すると良いですね。
例えば、軟水を使って洗顔したり、体を洗ったりするのも良いでしょう。
軟水は肌トラブルが起きる可能性が少ないことから刺激に弱いアトピーの人にとっては願ったり叶ったりなのです。
元々にきびは皮膚により毛穴が目詰まりを起こして、その中で炎症が起きている状態です。
乾燥肌の人の場合皮脂が少ないから毛穴を詰まらせることはないようなイメージを持ちがちですが、現実はそうではありません。
皮脂の分泌量が異常に少ないとお肌は乾燥しないようにたくさんの皮脂分泌をしてしまいます。
その結果として、毛穴が目詰まりを起こしてしまってニキビが発生するという事例が少なくありません。
ニキビの予防対策には、多くの種類があります。
一番分かりやすいのは、きちんと顔を洗うことでしょう。
顔を洗う際は水だけで済まさずに、洗顔フォームを利用して洗うと、さらに予防効果は高まります。
顔を洗い終えたら、化粧水を使うことで、更なるニキビ予防効果を期待できます。