いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養を貰いながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。
葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。
必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。
ですので、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。
とはいえ、妊婦にとって不足しがちな栄養素は様々ですから、葉酸以外にどのような成分が入ったものを選べばよいのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。
そうした場合、大手メーカーの粉ミルクの成分表を見て、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。
ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。
ヨガを行う事で血の巡りが良くなり、深いリラックス効果を得ることが出来ます。
すると、自律神経が整い、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。
妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。
自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽く息が上がる程度の運動は新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。
こうした運動は心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、ぜひ実践してみてください。
不妊の根本的な原因は、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった婦人科面での要素と、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性のほうに起因するものが考えられるでしょう。
しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。
ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男性、女性、両方が早めに検査を受けると解決への糸口となるでしょう。
私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。
上の子が男の子でしたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。
本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしたという訳です。
その後、無事に妊娠し、赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。
妹が出来た、と家族で喜んでいます。
葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますので、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が適切な摂取方法だと言えます。
サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。
葉酸を効率よく働かせるためにも、食後30分以内の摂取が理想的です。
なぜなら通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の働きが活性化します。
反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。