いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。
疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。
タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、授かることができず、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、自分はどうなのだろうと不安になりました。
クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことにそう時間をおかず妊娠することができました。
薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
妊活中の体調管理をするのに適したサプリと言えば、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。
葉酸の働きは、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。
それに、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。
それと、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、夫婦共に是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。
ビタミンB群のひとつである葉酸は、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。
妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。
厚生労働省の発表によりますと、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。
そのような場合は葉酸のサプリを利用するのが良いと思います。
妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、造血作用を高める効果があります。
この作用は妊娠にも有効で、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、それだけで妊娠確率が上がることが期待できます。
葉酸で血液が増産されると、血行が良くなるだけでなく生殖機能そのものが底上げされ、不妊治療に役立つのです。
葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。
葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。
また、他にも枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。
このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのは難しい方は、サプリメント等を活用するのがおススメですね。
サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。
サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を摂取できますから、おススメです。